TOP > 中日優勝!落合監督の決断は正しかった?
 ← おぎの妻が実弟の森山直太郎のマネージャーに? | TOP | バレーのワールドカップでメグが日本を救った?

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


中日優勝!落合監督の決断は正しかった? 

2007年11月03日 ()
山井交代の要因はマメ 不協和音はなし
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071103-00000000-spn-spo

確かに見ていて「え!交代?」と思った。

結果、優勝したからいいし、あとから伝わった事情も
納得がいくものだった。

監督の仕事はチームを勝たせること!
そう考えれば落合監督の判断は間違ってはいないと思う。。


中日53年ぶりの日本一から一夜明けた2日、落合博満監督(53)はナゴヤドームで本紙の取材に答え、第5戦の山井大介投手(29)の交代劇の真相を明かした。日本シリーズ史上初の完全試合まであと打者3人だった9回、右手中指のマメをつぶしたことが最大の要因だったとし、血染めのボールで快投した山井の交代は苦渋の決断だったと説明。周囲の批判もある中、チーム内の不協和音はきっぱり否定した。

 穏やかな表情の中に充実感が漂う。歓喜の日本一達成から一夜。「実感は何もわいてこない」という落合監督だが、澄んだ目には「後悔」の二文字はなかった。

 日本中が驚いた山井の交代劇。完全試合目前で岩瀬に代えた舞台裏を明かした。「今だから言えるけど、4回ぐらいからマメがつぶれた。ユニホームは血だらけだったんだ。実戦登板から離れていたのも原因だったのかもしれない」。クライマックスシリーズから通じて初登板。それが日本一を決めるゲームに先発だから、重圧も負担も想像を超えていた。

 右手中指から血を流しながらの快投。血染めのボールが決断の最大の理由だった。「もし無理して続投させてフォームを崩したり、肩痛が再発したら野球人生を狂わすことだってある。マメがつぶれてなかったら続投はあったかもしれない。ただ、それ以上に無理はさせられない」。非情にも映ったオレ流采配は実は山井の将来を思えばこそでもあった。

 加えて過去2回の日本シリーズは継投失敗で日本一を逃している。04年の第3戦の岡本と昨年の第2戦の山本昌。いずれも温情の続投が裏目で逆転された。「3回も同じことをしたらバカと言われる。1人の野球選手としてなら、続投でいい。ただ監督としての立場がある」。そして批判の声には「山井も納得してるから不協和音はない。選手は全員、最後は岩瀬と思っているんだから」。周囲の雑音は意に介さず、8日からのアジアシリーズへ目を向けた。
YAHOOニュースから引用



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.11.03(Sat) 10:23] スポーツTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← おぎの妻が実弟の森山直太郎のマネージャーに? | TOP | バレーのワールドカップでメグが日本を救った?

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://newsfirstclass.blog96.fc2.com/tb.php/806-84ede5ce
 ← おぎの妻が実弟の森山直太郎のマネージャーに? | TOP | バレーのワールドカップでメグが日本を救った?

目 次

リンク

最近の記事

最近のコメント

ランキング

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログランキング

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。