TOP > 参議院議員選挙 自民敗退 民主圧勝 これで日本は変わるのか?
 ← 住民票を移してなくても当選できる これでいいのか日本の選挙? | TOP | サッカー日本代表 オシム監督 個人技の優れたフォワードが欲しい?

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


参議院議員選挙 自民敗退 民主圧勝 これで日本は変わるのか? 

2007年07月30日 ()
民主60の圧勝=自民37、非改選含め過去最低-比例最後は公明・参院選議席確定

今回の選挙は初めから自民党の閣僚の不適切発言や、政治資金の不透明な問題があり、民主党への追い風となっていた。

終わってみれば民主の圧勝だった。

有名人の知名度をいかした戦いにも明暗が分かれた。早々と当選確実が出た横峯氏、やきもきした丸山弁護士とヤンキー先生こと義家氏だ。

それにしても住民票の登録を忘れていた元アナウンサーの丸山さんが当選したのには驚いた。だって5年間選挙に行っていなかったのですよ。投票した人は心が広いなー。。。



 第21回参院選は30日朝、比例代表の残り1議席を公明党が獲得し、改選121議席がすべて確定した。自民党は37議席しか得られず、過去最低だった1989年の36議席に次ぐ大敗を喫した。非改選と合わせても83議席と保守合同で臨んだ56年の参院選以降、最低となった。これに対し、民主党は選挙区、比例ともに自民党を引き離し、結党以来最高の60議席を獲得。参院第1党の座を自民党から奪った。
 公明党は選挙区で2勝3敗と惨敗、比例も7議席と伸び悩み、過去最低だった98年と同じ9議席だった。共産党は比例のみ3議席、社民党も同2議席で、いずれも退潮傾向に歯止めを掛けられなかった。国民新党は選挙区、比例で各1議席。比例候補のみ擁立した新党日本は1議席を獲得し、田中康夫代表が初当選した。 
YAHOOニュースから引用


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.07.30(Mon) 11:34] 国内ニュースTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 住民票を移してなくても当選できる これでいいのか日本の選挙? | TOP | サッカー日本代表 オシム監督 個人技の優れたフォワードが欲しい?

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://newsfirstclass.blog96.fc2.com/tb.php/697-d9fb8371
 ← 住民票を移してなくても当選できる これでいいのか日本の選挙? | TOP | サッカー日本代表 オシム監督 個人技の優れたフォワードが欲しい?

目 次

リンク

最近の記事

最近のコメント

ランキング

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログランキング

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。