TOP > 全日空の胴体着陸を引き起こした原因はボルトの付け間違い?
 ← 5億の現金!直ぐに用意できるんだなー | TOP | F1で日本人の活躍が見れるか?中島悟の長男がデビュー!

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


全日空の胴体着陸を引き起こした原因はボルトの付け間違い? 

2007年03月16日 ()
全日空機胴体着陸 ボルト付け間違いか 長さ異なる同規格品
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070316-00000030-san-soci


全日空機の胴体着陸事故で、原因のボルトが企画が同じで
長さが違うものがハマッテいたことが原因みたいだ。

これは途中でどうこうということではなく、
初めから間違えて取付けた疑いが濃いということだ。

被害者が出なかったからいいが、こんなことで
死者が出ていたらと思うと、ぞっとすると同時に
怒りがこみ上げてくる。。


YAHOOニュースから引用
~ここから~
全日空のボンバルディアDHC8-Q400が
高知空港に胴体着陸した事故で、

前輪格納扉の内部から発見されたボルトと、
脱落したとみられるボルトは長さの違う同じ規格品だったことが
16日、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会の調べで分かった。

このほかに脱落したボルトは見つかっておらず、
製造時に誤って長さの違うボルトをつけた疑いが浮上した。


 これまでの調査で、脱落したボルトは前輪格納扉を開閉させる
アームの支点部分のものと判明。

このボルトが外れたことから、摩耗を防ぐため
ボルトを覆っている「ブッシング」と呼ばれる部品が
約1センチ飛び出し、扉の開閉操作を妨げたことが判明している。

 一方、扉の内部で見つかったボルトは、
脱落したボルトとは長さが一致せず、
別の部位から抜けたものとみられていたが、
長さがわずかに違うものの同じ規格品であることが
事故調の調べで新たに判明した。

格納扉の内部からほかにボルトは見つかっていない。

 全日空によると、格納扉の内部は整備、点検の対象に
なっていないため、一度も整備した記録はない。

事故調は、製造段階で長さがわずかに違うボルトを
アームの支点にはめたため、
長時間かかってボルトが抜けた可能性があるとして、
ボンバルディア社からも聴き取り調査を進める方針だ。

■ボンバル社の副社長が謝罪
 ボンバルディア社のトッド・ヤング副社長が16日、
国交省を訪れ、谷寧久・航空局技術部長と面会、

「ご迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪した。

谷部長は「飛行機の安全性に強い懸念を持っている」と話した。

 ヤング副社長はこの日午後に高知県に向かい、
事故機を視察した後、高知県庁を訪問、

橋本大二郎知事に謝罪する予定。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.03.16(Fri) 21:44] 国内ニュースTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 5億の現金!直ぐに用意できるんだなー | TOP | F1で日本人の活躍が見れるか?中島悟の長男がデビュー!

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://newsfirstclass.blog96.fc2.com/tb.php/67-712fefa1
 ← 5億の現金!直ぐに用意できるんだなー | TOP | F1で日本人の活躍が見れるか?中島悟の長男がデビュー!

目 次

リンク

最近の記事

最近のコメント

ランキング

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログランキング

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。