TOP > カレーは世界を救うか?カレーほどうまい食べ物はないよね!?
 ← 自民党不利!民主党有利?は本当か?いつもと同じ結果にはなって欲しくないな。 | TOP | 無臭のドリアンってファンにとっては魅力半減ではないのか?

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


カレーは世界を救うか?カレーほどうまい食べ物はないよね!? 

2007年07月18日 ()
カレーの成分、アルツハイマー病に効く可能性=米研究
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070717-00000128-reu-int

カレー好きの私としては朗報である。

どれだけすきかと言うと、つい先日の日曜日にカレーを作ったのだか、
これが大鍋に作るのでかなりの量で、
日曜の夕飯、月曜の昼食、夕食、火曜の昼食、夕食とかれーを食べたぐらいだ。


[ワシントン 16日 ロイター] 米研究者が16日、カレーに含まる成分が、脳の働きを阻害しアルツハイマー病を特徴付けるタンパク質を吸収する免疫細胞を、活性化する可能性があると発表した。
 カリフォルニア大学ロサンゼルス校のミラン・フィアラ博士の研究チームが全米科学アカデミー会報で発表した。
 これによると、インドカレーに独特の色を出す黄色い香辛料のターメリックに含まれている化合物が、アルツハイマー病の症状に対抗する特異な反応を誘発するとみられている。
 同チームではこれを応用し、その化合物を患者に注入することでアルツハイマーという致命的で不治の脳の病を治療できる可能性を指摘している。
 また別の研究では、ターメリックに含まれる抗酸化物質のクルクミンが腫瘍(しゅよう)の形成を妨げることが、実験室レベルとネズミを使った実験で示されている。
YAHOOニュースから引用


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.07.18(Wed) 07:30] 海外Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 自民党不利!民主党有利?は本当か?いつもと同じ結果にはなって欲しくないな。 | TOP | 無臭のドリアンってファンにとっては魅力半減ではないのか?

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://newsfirstclass.blog96.fc2.com/tb.php/557-7b74ccb5
 ← 自民党不利!民主党有利?は本当か?いつもと同じ結果にはなって欲しくないな。 | TOP | 無臭のドリアンってファンにとっては魅力半減ではないのか?

目 次

リンク

最近の記事

最近のコメント

ランキング

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログランキング

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。