TOP > 機長の判断が乗客の命を守った?
 ← 寄付金って何?命とどっちが大事かもわからないのに教授さま?? | TOP | 鯨を助けたかったのにね。悲しい事故がおきてしまった。。

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


機長の判断が乗客の命を守った? 

2007年03月14日 ()
「決められた通りにやった」=胴体着陸した全日空機機長-冷静沈着な人物との評
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070313-00000230-jij-soci


冷静な行動が大惨事を起こさずに済んだ
要因の一つであることは間違いないだろう。

乗っていた人たちは生きた心地がしなかったろうな!

人命を預かる職業だし、当たり前のことかもしれないが・・・
よかったな。

まだ問題は残っているが、とにかくこればかりは結果オーライだ。。。

YAHOOニュースから引用
~ここから~
「決められた通りにやりました」。

前輪が出なかった全日空1603便ボンバルディア機を
高知空港に胴体着陸させた今里仁機長(36)は、
着陸後、会社に対しこう冷静に報告したという。

全日空によると、機長は別の航空会社勤務を経て1996年に入社。
2003年から機長を務め、総飛行時間は約7900~8000時間だった。

事故を起こしたDHC8-400型機での飛行時間は900時間弱で、

「十分な経験」(関係者)

を備えていた。

機長を知る人によれば「冷静沈着な人物」という。

機長は大阪(伊丹)空港を離陸して約1時間後、

「前輪が下りないため、地上と連絡を取り合いながら原因を究明しています」

とアナウンス。

後輪を滑走路に接触させ衝撃で前輪を出すため
「タッチアンドゴー」を行ったが、

成功しなかったため、「緊急着陸します」と告げ、
胴体着陸に踏み切った。

最悪の状況ながら1人のけが人も出ず、

「前輪がないとは思えないほど衝撃が少なかった」

と振り返る乗客もいた。 

【モデダイ】初公開! 元 ファッションモデル・早乙女 唯 が語る、カリスマモデルのスーパーダイエット!

有名人の多いブログランキングサイト

YAHOOでニュース! トップページへ戻る
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.03.14(Wed) 08:49] 国内ニュースTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 寄付金って何?命とどっちが大事かもわからないのに教授さま?? | TOP | 鯨を助けたかったのにね。悲しい事故がおきてしまった。。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://newsfirstclass.blog96.fc2.com/tb.php/50-4a695124
 ← 寄付金って何?命とどっちが大事かもわからないのに教授さま?? | TOP | 鯨を助けたかったのにね。悲しい事故がおきてしまった。。

目 次

リンク

最近の記事

最近のコメント

ランキング

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログランキング

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。