TOP > 懐かしいアニメが続々と実写化されるが、これはイメージが崩れるので止めて欲しいなー!
 ← ヤンキースの松井が怪我で戦線離脱したが、治療に専念できつ環境ができている? | TOP | 本気で禁煙させたいのならパッケージにそんなこと書くよりも一切売るな!

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


懐かしいアニメが続々と実写化されるが、これはイメージが崩れるので止めて欲しいなー! 

2007年04月10日 ()
「ヤッターマン」「ガッチャマン」を実写映画化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070410-00000048-zdn_n-sci

昔のアニメを実写化するって言われても・・・

後からがっかりするほうが多いもんなー


YAHOOニュースから引用
~ここから~
 インデックス・ホールディングス子会社の日活は4月10日、往年の人気アニメ「ヤッターマン」と「科学忍者隊ガッチャマン」の実写映画化を決めたと発表した。ヤッターマンは2009年春の公開を目指し、具体的に製作が進行しているという。

 両作品は竜の子プロダクションが著作権を持つアニメ作品。ヤッターマンは1977年から1979年まで2年間、全108話が放映された。当時のキャラクターデザインは、ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズのイラストなどで知られる天野喜孝氏らが担当し、メカデザインは「機動戦士ガンダム」も手掛けた大河原邦男氏だった。

 ヤッターマンの映画版は、「ゼブラーマン」(2004年)、「妖怪大戦争」(2005年)などの三池崇史監督がメガホンをとり、メカ&キャラクターデザインは実写版「デビルマン」(2004年)のコンセプトデザインを手掛けた寺田克也氏が担当する。

 竜の子プロのコンテンツ展開にあたり、同社とインデックスHD、タカラトミーの3社で、映像化許諾の窓口業務を担う「TCC有限責任事業組合」を設立。グッズやゲーム、モバイル映像配信などをインデックスグループを中心に展開する。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.04.10(Tue) 22:38] エンターテイメントTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← ヤンキースの松井が怪我で戦線離脱したが、治療に専念できつ環境ができている? | TOP | 本気で禁煙させたいのならパッケージにそんなこと書くよりも一切売るな!

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://newsfirstclass.blog96.fc2.com/tb.php/417-5be20171
 ← ヤンキースの松井が怪我で戦線離脱したが、治療に専念できつ環境ができている? | TOP | 本気で禁煙させたいのならパッケージにそんなこと書くよりも一切売るな!

目 次

リンク

最近の記事

最近のコメント

ランキング

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログランキング

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。