TOP > JRグループ内でもキヨスクとキオスクの両方が混在して紛らわしくないかな?
 ← 巨人の小笠原が中日の落合監督の弟子だったとは知らなかった? | TOP | 六本木ヒルズの森タワーで51階で煙が充満する騒ぎがあった。

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


JRグループ内でもキヨスクとキオスクの両方が混在して紛らわしくないかな? 

2007年04月04日 ()
<JR東日本>「キヨスク」を「キオスク」に変更へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070404-00000084-mai-bus_all

どちらでも良いような気がするのだが。

両方混在してしまうことのほうが混乱すると思うが?


YAHOOニュースから引用
~ここから~
JR東日本は4日、管内の駅売店の愛称「キヨスク」を7月1日から「キオスク」に変更すると発表した。ローマ字表記が「KIOSK」で利用者に混同されることが多く、「国際的な読み方に合わせる」(清野智社長)のが理由だが、他のJR5社は当面変更の予定はない。
 キヨスクは73年、旧鉄道弘済会売店の愛称として誕生した。「あずまや」を表すトルコ語由来の英語「KIOSK」からきているが、「清く」「来やすく(気安く)」という意味を込めてキヨスクと名付けられた。しかし、運営会社「東日本キヨスク」が7月に社名を「JR東日本リテールネット」に変更するのに合わせて、まぎらわしさを解消することにしたという。
 JR駅売店の代名詞だったキヨスクの存在感は低下している。東日本キヨスクの売上高のうち、88年度にはキヨスクが95%を占めていたが、06年度には34%に低下した。この年初めて、駅コンビニ「ニューデイズ」が35%となりキヨスクを抜いた。同社は、主な利用者が男性サラリーマンで新聞やたばこが主力商品になっているキヨスクから、幅広い顧客層を持つコンビニ型店舗への転換を進める方針だ。


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.04.04(Wed) 21:31] 国内ニュースTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 巨人の小笠原が中日の落合監督の弟子だったとは知らなかった? | TOP | 六本木ヒルズの森タワーで51階で煙が充満する騒ぎがあった。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://newsfirstclass.blog96.fc2.com/tb.php/375-3ad0b3f9
 ← 巨人の小笠原が中日の落合監督の弟子だったとは知らなかった? | TOP | 六本木ヒルズの森タワーで51階で煙が充満する騒ぎがあった。

目 次

リンク

最近の記事

最近のコメント

ランキング

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログランキング

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。