TOP > 葬儀は悲しい。そんなときにもインタビューしてるレポーターってどうよ!
 ← 胴体着陸したのと同じ会社の飛行機がまた・・・ | TOP | タレント飯島愛が引退するに伴い代役がクボジュン?

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


葬儀は悲しい。そんなときにもインタビューしてるレポーターってどうよ! 

2007年03月21日 ()
松居一代、船越英二さんと“会話”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070321-00000024-nks-ent


人の死はいろんなことを考えさせてくれるものだ。

一昨年父を亡くした私も、多くのことを考えた。いや考えさせてもらった。

ただ、こんなときにもレポーターというのは質問を考えないのだろうか?

仕事とはいえ、人間としての常識をあの人たちは持ち合わせていないのだろうか。。。



YAHOOニュースから引用
~ここから~
17日に父で俳優の船越英二さん(享年84)を
脳梗塞(こうそく)で亡くした船越英一郎(46)が20日、
都内のホテルで会見し、妻のタレント松居一代(49)が
英二さんと最初で最後の“会話”をしたと明かした。

故人の強い遺志で、葬儀は密葬としてこの日営まれた。

英二さんは、離婚歴があり子連れの松居との結婚(01年)を、
最後まで認めないままだった。
しかし、密葬には夫婦で参列した。英二さんの意志に沿った
参列だったのかとの問いに、
英一郎は「僕はそう思っています」と言い切り
「(松居は)一心に父の顔に向かって、話し掛けていました」

妻のけなげな様子を明かすとともに、最後に心が通じ合った
と確信した。

 というのも、英一郎は「結婚反対は、父の最後の教育だった」と
考えたからだという。

「結婚もそうですが、大学も、この世界を志した時も、
父は反対することから始まった。僕は認めてもらいたい一心で、
努力してこれた。俳優として僕が今日あるのも、そのおかげです」

 英一郎は「(密葬に)一緒に参列しようと言った僕に
『当然です』と来てくれた妻に感謝しています。
おかげで、夫婦の絆(きずな)も信じられないくらい強まりました」
と語った。

 とはいえ、英二さんには、英一郎の子供を孫として抱きたい
思いもあった。英一郎は「努力はしたんですよ。

こればかりは授かり物ですから。でも、これも大きな親不孝の
1つですね」。
昨年夏に仕事帰りに実家に寄り、声を掛けたのが最後だった。
妹からの電話で16日に病院に駆け付けた時はすでに意識がなかった。

「親孝行をできなかったおわびと、おやじの名前を汚さないように
精進するから安心して旅立ってほしいと声を掛けました。
父の息子に生まれたことを誇りに思っています」と涙をぬぐった。

どんなに辛い肩こりも1日10分、1週間で解消する超極秘マニュアル!

有名人の多いブログランキングサイト


YAHOOでニュース! トップページへ戻る
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.03.21(Wed) 13:17] エンターテイメントTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 胴体着陸したのと同じ会社の飛行機がまた・・・ | TOP | タレント飯島愛が引退するに伴い代役がクボジュン?

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://newsfirstclass.blog96.fc2.com/tb.php/121-c93d32a3
 ← 胴体着陸したのと同じ会社の飛行機がまた・・・ | TOP | タレント飯島愛が引退するに伴い代役がクボジュン?

目 次

リンク

最近の記事

最近のコメント

ランキング

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログランキング

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。