TOP > CATEGORY > 地域のニュース
TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


あきた美人のルーツは? 

2007年11月06日 ()
【特報 追う】「秋田おなご」はなぜキレイ?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071106-00000013-san-l05

あきた美人ですか。生でお目にかかったことはないが、
どうなんでしょう?

色が白いということはよく聞きますが、おコメがいいからだと
聞いたこともある。



秋田といえば、やはり秋田美人。「秋田のおなご 何して綺麗(きれい)だと 聞くだけ野暮(やぼ)だんす 小野小町の生まれ在所 お前はん知らねのげ-」と秋田音頭にまで歌われる。古くは小野小町の出生伝説、現代では女優の加藤夏希さんや演歌歌手の藤あや子さん…、道行く女性もきれいでおしゃれだ。県立博物館(秋田市)で秋田の美人像を追う企画展「秋田美・人」が開かれている。「聞くだけ野暮」かもしれないが、秋田美人に興味をそそられ、足を踏み入れた。

 思わず、顔がほころんでしまった。壁には花柳界から、農作業や力仕事に精を出す秋田女性まで、さまざまな秋田美人の写真が展示され、秋田おばこ(18歳前後の秋田女性)をモデルにした竹久夢二らの絵画なども所狭しと並んでいた。

 見とれているうちに気付いた。彼女らの大半がノーメイクの野良着姿にもかかわらず、どこか気品漂う美しさを持っているのだ。

 「秋田には、10人中2、3番目の美人が多い。都会で見かけるような1番の美人はいない。1番になるには素材美に加え、洗練された人工美も必要だからです」

 秋田美人研究の第一人者で「秋田美人の謎」(中公文庫)などの著作がある同館の新野直吉名誉館長は、秋田美人の秘密は「素材美」にあると教えてくれた。
YAHOOニュースから引用


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.11.06(Tue) 13:01] 地域のニュースTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


琵琶湖に変な外来魚が?こんなことまで中国の脅威か? 

2007年11月06日 ()
琵琶湖で中国産外来魚を捕獲 「エンツイ」を初確認
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071105-00000055-kyt-l25

またへんてこな魚だね。

15年位前かな。毎週のように琵琶湖へバスつりに通っていた
時期があった。

バカみたいなブームが始まる前だ。

静かに自然に触れる事ができるのでつりは好きだ。なのに日本人って
どうしてバカみたいに同じ方向を向くのだろう?

趣味なんて自分で見つけて楽しむもので、流行とか、ファッション?
なんてものではないはずだ。

琵琶湖が釣堀状態になり、連休の湖岸が人で埋め尽くされた光景を
見たとき、もう琵琶湖へは行かなくなっていたのを思い出すなー。。。




 滋賀県は5日、大津市真野沖の琵琶湖で中国原産の外来魚「エンツイ」1匹が捕獲された、と発表した。琵琶湖でエンツイの生息が確認されたのは初めて。県は「繁殖すれば生態系に影響を与える可能性がある」と警戒している。
 捕獲されたエンツイは全長26・7センチ、重さ216グラムで幼魚とみられる。5日午前5時半ごろ、沖合100メートルから200メートルの水深約5メートルの地点で、漁業者が仕掛けた沖引き網にかかったという。
 県によると、エンツイは長江流域などに生息。幼魚では大きな背びれを持つ独特の形をしており、成長すると体長が1メートルを超える。「長江の美人魚」とも呼ばれ、日本にも観賞魚として輸入されている。
 県は「家庭で飼われていたものが放されたのでは」と推察している。エンツイは生息水温が28-10度と広く、冬場で水温が8度ほどになる琵琶湖でも越冬できる可能性があるという。
 琵琶湖で確認された外来魚は、1994年の集計開始以降、オオクチバスとブルーギルを除いて32種類になった。
YAHOOニュースから引用



[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.11.06(Tue) 08:20] 地域のニュースTrackback(0) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

深窓の美女は体が弱いは、どの世界も by サイコ輪。。
シルバーバーチの霊媒 霊医のヒーラー エクソシストFことサイコです。光の輪14日目霊能者であり、24時間神霊の声を聴く者です

そして言うのです。皆々様何故 排除が必要ですか?
それなら皆々集団自決でもなさい、皆々貴方自身をなんと思うのですか? 高慢極まりなし。
世界的に見ても生物上でもっとも自然破壊の進んだ生物はヒューマノイドです。 何を今更、他の生き物に口が出せるのだろうか?
雑種の戯言と思うが太古の神々であろう。

最近思うこと:亀のほっぺが赤いのは何故かしら?
たぶん進化した亀なのではと思います、人を利用して繁殖を考える動物が亀なら貴方は、きっと大霊の計画を見ることでしょう。サイコ

コメントを閉じる▲

東京都 ドジョウ原告で工事差止めなるか? 

2007年08月11日 ()
「ドジョウ」も原告、繁殖地守れ=河川工事差し止め求め提訴-東京地裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070810-00000183-jij-soci

気持ちはわかるが・・・

だって未だにペットの犬猫は物扱いのこの国で、ドジョウを原告ってどうですか?



「ドジョウの繁殖地を守れ」。東京都東久留米市の住民4人が10日、同市を流れる落合川の都の埋め立て工事で、川に生息する「ホトケドジョウ」が絶滅するとして、このドジョウを原告に加え、石原慎太郎都知事を相手に、工事差し止めを求める訴訟を東京地裁に起こした。 
YAHOOニュースから引用



[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.08.11(Sat) 08:33] 地域のニュースTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


京都 町屋の宿 夏は暑いから休業します! 

2007年08月11日 ()
町家の宿、1カ月間「夏」休み 東山 エアコン未設置で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070810-00000031-kyt-l26

粋ですね。

私が子供の頃は各家庭にクーラーなんかなかったけど、それなりに暮らしていた。

確かに今とはいろいろ環境が違うから比べることは難しいですけどね。

時計のハリは戻すことはできないのかな・・・



宿泊施設にとっては書き入れ時の夏休み。しかしこの時期、京都市東山区の町家を使った宿はひと月休業する。理由はエアコンを付けていないから。主人は「町家の構造とエアコンは合わない。でもお客さんには耐えられない暑さかもしれないので休みます」。京都市が観光客5000万人構想を掲げるなか、商売よりも町家の趣や環境を大切にする気持ちが光る。
 蹴上の三条通に面した小さな宿「あずきや」は北村チエコさん(35)が4年前に始めた。昭和初期に住まいとして建てられた自宅を改修した。20年ほど前から物置になっていたが「町家を残すことを前提に、ギャラリーやカフェといった使い道を考えた」。
 改修する際、エアコンを付けなかった。町家は通気性の良さが特徴で「土壁の雰囲気にもエアコンはそぐわない」。結果、真夏はやっぱり暑い。「それは覚悟のうえ。でもお客さんには暑すぎるから、宿を休みにしました」
 祇園祭の宵山(7月16日)から五山の送り火(8月16日)まで完全休業する。その前後は「暑いですよ」と客に念押しし、ひと組限定で宿泊を受け付ける。ひと組なら部屋の戸を開け放って、風を通せるからだ。
 ひと月間休業するのは商売上は苦しい。しかしエアコンは付けたくない。「夏が暑いのは仕方ない」。涼しい顔だ。
YAHOOニュースから引用


[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.08.11(Sat) 08:29] 地域のニュースTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


京都の町は歴史ロマンがあふれていますね。 

2007年06月05日 ()
田村麻呂の墓か 山科・西野山古墓 文献で一致
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070604-00000015-kyt-l26


古代への歴史ロマンですね。

やっぱり京都というところは、いろんな歴史が詰まっている
町なんですね。

嫁さんが好きなので、たまに遊びに行きますが、神社仏閣
をたずねたり、歴史上の人物のゆかりの地だったりが多いですね。

あと、祇園の小物屋さんとか、はぎれの店とか巡ります。



YAHOOニュースから引用
平安時代初期の征夷大将軍で清水寺(京都市東山区)を創建した坂上田村麻呂(758-811)の墓が、山科区西野山岩ケ谷町の「西野山古墓(こぼ)」である可能性が高いことが、京都大文学研究科の吉川真司准教授(日本古代史)の文献調査で、4日までに分かった。
 吉川准教授によると、平安後期の「清水寺縁起」に田村麻呂の墓の位置や範囲を示す記述があり、平安時代の山科周辺の条里図で調べたところ、西野山古墓と一致したという。同古墓から1919年に出土した金装大刀や鏡(いずれも国宝)などの年代がほぼ同じころで、上級貴族が所有するような高級品なことから、田村麻呂の墓だと判断した。
 現在、同古墓から南東約1・5キロの同区勧修寺東栗栖野町に田村麻呂の墓とされる遺跡がある。また、73年には民間の郷土史研究の論文で、吉川准教授と同じ方法によって、同古墓近くに田村麻呂の墓があるとする指摘がされている。
 吉川准教授は「古墓の近くを通る滑石街道は、当時、東国から都に入る主要ルートだった。都の玄関口でにらみをきかす意味もあったのではないか」と話している。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.05(Tue) 07:15] 地域のニュースTrackback(1) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

目 次

リンク

最近の記事

最近のコメント

ランキング

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログランキング

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。